■クレジットカードの歴史


アメリカ合衆国でも50年、日本で40年程度の歴史で比較的浅い。が、アメリカでは高額紙幣の信用が低く使いにくいこと(当局も対策に知恵を絞ってはいるものの、100ドル札が偽造される事が多い)、社会生活に必要不可欠なクレジットヒストリーを構築する手段や、使用者自身の信用を証明する手段としてクレジットカードが最も一般的であること、日常的な消費に当たりごく少額の支払いであってもクレジットカードによる支払ができる等の理由により、クレジットカードの保持及び使用はごく一般的であり、極めて重要なものとなっている。また、日本でも最近では海外旅行の増加やネットワークの発達とともに急速に重要性を強めつつある。


クレジットヒストリー(信用情報)とは、経済活動に関する情報を記録したものである。個人に関する信用情報は個人情報の一つ。
割賦販売法では、「購入者の支払能力に関する情報」と規定している。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。