■クレジットカード会社−協同組合系


ここでは商業者で構成される、協同組合連合会日本専門店会連盟(日専連)や協同組合エヌシー日商連などの傘下の協同組合を指す。

日専連の場合は、DCやJCBが加盟店を開放し発行されている。国際ブランドはJCBとVISAが大半取り扱われていて、MasterCardは日専連札幌などが発行するのみである。


協同組合(きょうどうくみあい)は、共通する目的のために個人あるいは中小企業の経営者が集まって、組合員となって事業体を設立して共同で所有し、民主的な管理運営を行なっていく相互扶助組織。

日本の法人税法上の内国法人では協同組合等(きょうどうくみあいとう)と呼ばれ、全所得に対して、軽減税率の適用を受ける。また、事業分量配当金の損金算入が認められている。

法人税法(ほうじんぜいほう, 昭和40年3月31日法律第34号)は、広義の所得税に関する法体系の一部を構成する法律。法人の所得等に対する税金について定められている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。