■信用情報の種類


信用情報は、上述のとおり金融機関が個人に金を貸す際に用いられる情報である。その内容は主に個人の経済活動に関する情報であるが、運用されている情報の実態から見れば結局のところ個人の借金の履歴が主なものとなっている。なお、信用情報の内容の具体例は以下のとおりである。(登録項目・内容などは、信用情報機関および会員会社の任意登録となっている場合があるので、全て下記のように登録されるとは限らない。)



個人を特定するための情報
・氏名及び生年月日
・当該人物の自宅住所、自宅電話番号
・当該人物の勤務先名とその住所、電話番号


個人の経済活動に係る情報

クレジットカード等の契約に係る情報(取引中のクレジットカード会社とその利用限度額等)
借金の契約内容についての情報(契約日、金額、形態、返済回数等)
借金の返済状況についての情報(借金の残高や、該当月の支払・入金状況など)
滞り無く完済し、契約が終了している場合は契約は「終了」と登録されるが、以下の場合は扱いが異なる。また、残高が0円でも、カードローンや貸付枠設定型の銀行ローンなどの枠付融資で契約が成立している場合は、解約するまで登録される。
借金の返済における事故(「事故情報」「異動情報」などと呼ばれる。)
その個人が借金を契約どおりに返済できなかったことを指し、具体的には、長期間に及ぶ延滞、代位弁済、債務整理、手形等の不渡の発生等についての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。