■身元証明


店側にとってクレジットカードの取り扱いで一番大事なことは本人確認です。
クレジットカードの利点は国内外を問わず、現金を必要とせずに買い物がその場で出来ること。
この取引には信用なくして成り立つことはありません。
店が信用してくれるのはクレジットカードを通しての身分証明があるからです。
一般に信頼できるIDといえば運転免許証や保険証などですが、それらを使って買い物をすることはできません。
カード会社の加盟店に限って言えば、支払いに関しても保障をしてくれるクレジットカードの方が優れていると言えるかもしれませんね。
本人確認にはサインを求められるのが一般的です。
このサインには契約の証という意味と本人のIDを証明するという重要な機能もあります。
また、あまり使われる機会はないかもしれませんが、暗証番号を本人確認に利用する取引もあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。