■ハウスカード


クレジットカードには、ハウスカードと言われるものもあります。商品の販売店やサービス業者が、発行する自社だけで利用できるクレジットカードのことです。契約の当事者がそれらの店とカード利用者だけですから、二者間契約のクレジットカードとも言えます。契約関係は、店とカード利用者の間のクレジットカードを介した売買契約です。つまり「買います、払います」という契約ですが、それを後払いにするために事前に信用調査をしてクレジットカードを発行しておくわけです。掛売りがクレジットカードを使って行われると考えればわかりやすいかもしれませんね。したがって契約の内容は、売買契約に伴う支払いについて取り決めたものとなります。


利用者にとってのクレジットカード

消費者が現金に変わって、クレジットカードを利用するのは、ポイントが溜まるからという理由もあるのでしょうが、管理も必要になりますし、もっと他の理由があると考えられます。
一つは支払いを保障するID機能。そして最も大きいと考えられるもう一つの理由は支払い方法の選択です。
現金は当たり前ですが一括で支払わなければなりません。日本におけるクレジットカードの支払い方法も一括しての月払いが圧倒的多数を占めますが、金額が大きくなると分割払いでなければ苦しいときもあります。カード会社に信用を得て、クレジットカードの発行に至れば、分割払いという方法が簡単に選べるようになるのです。支払い方法を選択できるのは消費者にとって非常に魅力的であると言えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。