■クレジットカードと加盟店


消費者に商品やサービスを提供することに対して、その対価をもらう。
通常はこの形でお店は成り立っています。これは店舗の大小は関係なく同じです。
多くの店はカード会社と加盟店契約を結び、カードの使用を受け入れていますが、それは販売促進機能と金融機能をクレジットカードに期待しているからです。
販売促進機能は、カードの所有者が一般的に現金客よりも買い上げ単価が高いことから言われています。
これは、クレジットカードを持つ消費者は現金客よりも経済的に余裕があり、高額な買い物をすることと、販売の努力によって買い上げ単価を上げることができるという二つの意味があります。
また、衝動買いをしやすい傾向があるのもカードホルダーと言われています。
店員に勧められたり、また自分で見ている間に欲しくなっても通常は現金がなければ買うことが出来ません。
しかしクレジットカードがあれば、そういった拘束から開放され、気軽に買い物ができるのです。
もっともこれらの条件は全ての消費者に当てはまるものではありません。
以上のような理由のほかには、現実的にクレジットカードを持っていない消費者の方が最近では少なくなってきており、それに対応するためというものもあります。
さらに小売店で加盟店契約を結ぶ店がほとんどになってきていますので、消費者にとってもはやクレジットカードが使えるのが社会常識という認識に対応するためでもあります。
もし対応していなかったら他のお店で買い物をしてしまうかもしれませんからね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。