最近話題のパスモ


最近話題のパスモですが、売れまくっているようですね。
そしてそれにともなって他の企業が関連した動きを見せているようです。
今日は関連ニュースを2つほどご紹介。

(以下、日本経済新聞社より引用)

「パスモ」4日で100万枚突破

首都圏の私鉄・バス共通IC乗車券「パスモ」の発行枚数が18日のサービス開始から4日間で100万枚を突破した。2007年度末までに500万枚を目指しており、当初の想定よりも早いペースで利用が広がっているという。

 パスモと相互利用できるようになった東日本旅客鉄道のスイカも18日以降、1日あたりそれまでの2倍となる約2万枚を販売。記念カードを含めて22日までに約20万枚を上積みし、首都圏交通網のICカード発売枚数はスイカ、パスモ合計で2000万枚を越えた。

 スイカの100万枚突破は01年11月18日のサービス開始から19日目だった。



東急、「パスモ」と系列カードを一体化

東京急行電鉄は来春をメドに、首都圏の私鉄・バス共通IC乗車券「パスモ」の機能を持った系列クレジットカードを発行する。カードの利便性を高めるとともに、系列商業施設での利用も促進する。ICカードの多機能性を生かした新サービスも模索。私鉄が系列カードとパスモを一体化するのは初めて。

 パスモは3月18日のサービス開始から4日目に発行枚数が100万枚を突破し「その後も売れ行きは順調」(パスモ協議会)だという。2001年11月から始まった東日本旅客鉄道の「スイカ」は、すでに系列クレジットカード「ビューカード」と一体化している。

(以上・日本経済新聞社より)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。