■クレジットカードと加盟店


消費者に商品やサービスを提供することに対して、その対価をもらう。
通常はこの形でお店は成り立っています。これは店舗の大小は関係なく同じです。
多くの店はカード会社と加盟店契約を結び、カードの使用を受け入れていますが、それは販売促進機能と金融機能をクレジットカードに期待しているからです。
販売促進機能は、カードの所有者が一般的に現金客よりも買い上げ単価が高いことから言われています。
これは、クレジットカードを持つ消費者は現金客よりも経済的に余裕があり、高額な買い物をすることと、販売の努力によって買い上げ単価を上げることができるという二つの意味があります。
また、衝動買いをしやすい傾向があるのもカードホルダーと言われています。
店員に勧められたり、また自分で見ている間に欲しくなっても通常は現金がなければ買うことが出来ません。
しかしクレジットカードがあれば、そういった拘束から開放され、気軽に買い物ができるのです。
もっともこれらの条件は全ての消費者に当てはまるものではありません。
以上のような理由のほかには、現実的にクレジットカードを持っていない消費者の方が最近では少なくなってきており、それに対応するためというものもあります。
さらに小売店で加盟店契約を結ぶ店がほとんどになってきていますので、消費者にとってもはやクレジットカードが使えるのが社会常識という認識に対応するためでもあります。
もし対応していなかったら他のお店で買い物をしてしまうかもしれませんからね。

■クレジットカードの使い方


クレジットカードで後払いできる消費者の信用を、法律用語で期限の利益といいます。
後払いの方法は、後日一括で支払いのほかに、複数回に分けて支払う分割払い、リボルビング払いがあります。
これらに共通するのは買い物と支払いとの時間にずれがあることです。
この時間のずれこそが期限の利益というものです。
通常は商品の引渡しと同時に現金で支払うのが一般的です。
クレジットカードの場合、支払いまでの時間を得るわけなので、その分、得をしたことになります。
一括払いをする場合は現金を持ち歩かないで済む、つまりキャッシュレスで済むので安全というメリットがあります。
また分割払いでは、必ずしも家計に余裕がある人ばかりではないので、支払いの平均化により高い買い物を実現できます。
これは例え家計に余裕があっても、貯蓄したお金を減らしたくは無いという人にも便利な機能です。
来月の給料が入ってから買おうと思っている商品もクレジットカードを利用することで、期限の利益を得ることができるので、今月でも買い物が出来るわけですね。
どちらの使い方も利用者の経済状態と考え方によりますが、合理的な選択をしないで無計画に使っていると、使いすぎの問題に直面しかねません。
CMでも頻繁に使われる言葉ですが、まさに『ご利用は計画的に』というのが基本であり、常に頭に置いて使う必要がありますね。

■クレジットカードのメリット


クレジットカードのメリットはお金を持ち歩かせない安全性と、お金がなくても買い物ができる便利さですが、これらはクレジットカードが持つID機能と支払いを保障する機能から生まれてきます。
ただし、加盟店のクレジットカードの取り扱い方にもよるので、消費者側だけでなく、加盟店側のメリットと言えなくもありません。この他のメリットとしては、インターネットの利用が挙げられます。
インターネットを利用すると、世界中の店から買い物をすることが可能です。
そしてそれを支えているのはクレジットカードです。
今までにネットショップなどで買い物をされた経験のある方はわかると思いますが、インターネットでクレジットカードを使うときに必要なのは、カード番号と有効期限だけです。
たまに別の乱数の入力を求められるときもありますが、現時点ではほとんど見かけません。
サインや暗証番号の入力を求められることもありませんでしたので、カード番号と有効期限が入手できれば、他人でも買い物ができることになります。
このID保障の機能がまだまだ遅れていますが、今の段階ではあまり入力を増やしてしまうと、日本ではまだ浸透しきってはいないネットショッピング自体に壁を感じて利用をやめてしまうことも考えられますので、難しい問題です。
もしインターネットを利用したショッピングで身に覚えのない請求をされるようなことがありましたら、必ず異議を申し立てましょう。
消費者側から異議を申し立てないとカード会社が誤った請求をしていることに気づかないからです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。