■ハウスカード


クレジットカードには、ハウスカードと言われるものもあります。商品の販売店やサービス業者が、発行する自社だけで利用できるクレジットカードのことです。契約の当事者がそれらの店とカード利用者だけですから、二者間契約のクレジットカードとも言えます。契約関係は、店とカード利用者の間のクレジットカードを介した売買契約です。つまり「買います、払います」という契約ですが、それを後払いにするために事前に信用調査をしてクレジットカードを発行しておくわけです。掛売りがクレジットカードを使って行われると考えればわかりやすいかもしれませんね。したがって契約の内容は、売買契約に伴う支払いについて取り決めたものとなります。


利用者にとってのクレジットカード

消費者が現金に変わって、クレジットカードを利用するのは、ポイントが溜まるからという理由もあるのでしょうが、管理も必要になりますし、もっと他の理由があると考えられます。
一つは支払いを保障するID機能。そして最も大きいと考えられるもう一つの理由は支払い方法の選択です。
現金は当たり前ですが一括で支払わなければなりません。日本におけるクレジットカードの支払い方法も一括しての月払いが圧倒的多数を占めますが、金額が大きくなると分割払いでなければ苦しいときもあります。カード会社に信用を得て、クレジットカードの発行に至れば、分割払いという方法が簡単に選べるようになるのです。支払い方法を選択できるのは消費者にとって非常に魅力的であると言えます。

■クレジットカードの選択基準


クレジットカードの選択基準は手数料や会費、特典といった直接的な比較材料の他に、みんなが使っているなどの安心感と、そのカードが使える店が多いという利便性もあります。
特に加盟店は気をつけないと、せっかくクレジットカードを作ったのに使えないということになりかねません。
両方を兼ね備えたカード会社が一番いいのでしょうが、現実的にはイシュアー業務とアクワイヤラー業務が分業されます。
一つはオンアス契約のことで、イシュアーとアクワイヤラーは同一であるというもの。
二つ目は加盟店開放といわれるもので、同じブランドマークのクレジットカードを発行し、お互いに加盟店を利用しあうという国内の提携関係によって可能になるもの。
三つ目は国際的な機関で、ビザやマスターカードのことです。
国内のカード会社ではJCBが独自に海外でもアクワイヤラー業務を行っていますが、アメリカン・エクスプレスやダイナースクラブもあります。
利用者が海外取引を利用したときには、利用時と支払い時の通貨が異なりますので、為替業務が重要な仕事となります。

■オンアス取引


クレジットカードを発行している会社をイシュアー。
お店と契約しているカード会社がアクワイヤラー。
国内外のたくさんのお店でクレジットカードが使えるのは、イシュアーとイクワイヤラーが同じでなくても使えるという仕組みがあるからです。
しかしこれらが同じでないといけない場合もあり、その取引をオンアス取引と言います。
カードホルダーとカード会社の間で結ばれる会員契約の内容は、カードホルダーが加盟店で買い物した代金を、カード会社がカードホルダーに代わって、加盟店に一括で支払い、その代金をカードホルダーがカード会社に支払うということです。
加盟店契約はカード会社の発行するクレジットカードを持ったカードホルダーが、契約先の加盟店で商品の購入やサービスの提供をカードですることを求めた場合、加盟店は所定の手続きによって販売するという内容です。
つまり、オンアス取引とは、クレジットカードの使用者がカードを使用するときに、その代金の立て替えはカード会社が行うので、使用されるカード会社の加盟店はサービスを提供しなさいということです。
それって普通じゃないかと思われるかもしれませんが、だいたいどこのお店でも普通にクレジットカードが使用できるのは、お店とカード会社が直接契約していなくても、それぞれが独立して業務を行えるように幅広い提携がなされているから、ということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。