■信用情報機関01


全国銀行個人信用情報センター (略称「KSC」)

全国銀行協会(全銀協)が運営する信用情報機関である。会員は、一般会員(全銀協に正会員として加盟している銀行)と特別会員(一般会員以外の銀行または法令によって銀行と同視される金融機関、政府関係金融機関またはこれに準じるもの、信用保証協会、個人に関する与信業務を営む法人で信用保証協会以外の会員の推薦を受けたもの)がある。保有する信用情報はおよそ8000万件。



株式会社シー・アイ・シー (略称「CIC」)

経済産業省所管の社団法人日本クレジット産業協会と社団法人全国信販協会が母体の信用情報機関である。各クレジットカード発行企業(含む信販会社)と、信用保証会社、自動車や機械等のローン・リース会社、小売店などと、一部の大手消費者金融会社が加盟している。 現在4億件を越す信用情報を保有している。また、現在の規定で成約状態である場合は原則月1回の更新が会員各社に義務づけられたため、ここから得られる信用情報は精度が高いとされる。

なお、CICでは申込情報・照会情報・異動情報(CRIN情報)以外の与信対象者の成約・解約など平時の信用情報は、他社照会時は該当会社名が分からないようになっている。

また、流通業・信販・クレジットカード業の為に設立された情報機関であるため、銀行等金融機関は加盟できない。(その子会社のカード・ローン会社や信用保証会社は加盟できる。また、消費者金融専業会社の加盟が解禁されたのは1999年頃の三洋信販からである。)

■クレジットカード会社−交通系2


コスモ石油はCFと提携し、ハウスカードである「コスモ・ザ・カード(ハウス)」を業界で唯一自社で発行している(国際ブランドの付いたカードもあるが、これはCF及び流通系のイオンクレジットサービス(法人向けはJCB)が発行する提携カードである。)。また、出光興産とセゾンが折半出資する出光クレジットは石油系で唯一のクレジットカード会社である。


コスモ石油株式会社(こすもせきゆ、Cosmo Oil Co., Ltd.)は、石油精製・元売りの民族系大手企業である。あまり表に出ないがUFJグループで、みどり会構成企業の一つ。

出光興産株式会社(いでみつこうさん)は、石油精製・販売などを行っている日本の企業。本社は東京都千代田区丸の内三丁目に所在する。創業者は出光佐三(いでみつ さぞう)。


イオンクレジットサービス
ジャスコ、マックスバリュ、メガマートでお客さま感謝デー(毎月20日及び30日)に提示すると一部の商品を除いて5%引になる(値引対象カードはイオンカード、イオンカルフールカード、タルボットイオンカード、イオンサンデーカード、イオンコーポレートカード、イオンゴールドカードのみでその他の提携カードは対象外)。但し、この特典はこれらを運営するイオンの株主に提供される株主優待である株主様ご優待カード(オーナーズカード)でも利用する事が出来るのでイオンカードのみの特典と云う訳ではない(オーナーズカードの場合は所有するイオンの株式の数に応じて3〜7%がキャッシュバックされるのでイオンカードより得である)。

■クレジットカードカード支払方法


日本での支払回数については1回(一括払い)と、加盟店によっては手数料なしの2回払いもある。また、3〜36回程度の分割払い(アドオン払い : 利用額に利率を掛け、その総額を分割払いする方法)や、リボルビング払い(クレジットカード会社が定める最低の金額以上であれば返済額を自由に定めることができる支払方法)が可能なものもある。加盟店が消極的なことがあるため普及していないが、逆にカード発行会社では増収を期待して、キャンペーンなどで奨励する傾向がある。

分割払い・ボーナス払いは日本的な支払方法で、諸外国では一括払い(マンスリークリア、チェックカード=即時払い)かリボルビング払いが普通である。

使用代金の支払サイト(締め日から引き落とし日までの期間)は、カードの種類や発行会社によって異なるが、月末締め翌月27日引き落としや、15日締め翌月10日引き落としなどの形がある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。