■クレジットカードのグレード


ラインナップの中では最も基本的なカード。利用限度額も長く使っていれば50〜100万円くらいにまで上がるので、通常の買物といった使用方法であればこのクラスで十分である。一般的な一般カードの年会費は1000円程度であり、また、無料で発行しているものも多いが、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)の「アメリカン・エキスプレス・カード」は税込12600円、シティカードジャパンの「ダイナースクラブカード」は税込15750円と文字通り桁違いである。

また、一般的な一般カードより年会費がやや高目(2〜3000円程度)で、保険やサービスが充実した一般カードもある(三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、ディーシーカードの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」など。)が、利用限度額は通常の一般カードと同じである。

■カードの種類


プロパーカード

クレジットカード会社が他と提携せず単独で発行するカードである。ハウスカードもこれに含まれる。



提携カード

クレジットカードを発行している企業若しくは銀行が小売店などと提携して発行を行うもの。



ハウスカード(House card)とは、或る特定の企業・企業グループの店舗でのみ利用する事が出来るクレジットカードである。

百貨店や石油チェーンなどで導入される事が多いが、特定の店舗・チェーンのみの利用に限定するとカード利用金額も限定されたものになるため、最近では、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドを付帯したカードに切り替える例が増えている。

尚、信販会社などが国際ブランドと提携せずに発行する自社の加盟店でのみ利用する事が出来るクレジットカードも広義のハウスカードと言える。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。