■リボルビング払・分割払・ボーナス払専用カード


あらかじめ支払方法が設定されている追加カードで、カード利用時に支払い方法を指定しなくても(あるいは1回払いと指定しても)、これらのカードで規定の限度額まで利用した分は全て自動的にリボルビング払い・分割払い(3〜10回払いなど予め設定されてる回数)・ボーナス一括払いとなる。
但し、割賦販売法に指定されている「特定役務」に該当する商品・サービスをそれらのカードで決済した場合は、クレジットカードの規約に基づいて、通常の1回払いとして扱われる事がある。
近年は本カード自体がリボルビング払い専用(消費者金融系やUFJカードのPocketOne、オリコのUPty、ジェーシービーのアルバラ、ファミマカードなど多数)・分割払い専用(ジェーシービーのX-Timesなど)のカードとして発行されているものもある。

■ETC専用カード


ETCを利用して高速道路の通行料金を支払うための追加カードであり、オプション扱いで設けられている。ETC車載機にセットするICカードの形態で発行される。
通常のクレジットカードの接触IC(ICクレジットカード)部分にETC機能が搭載されているものもある他、JAF ETC会員証では、JAF会員証にディーシーカードの提携によるETC機能とマネーサービス(融資)機能が附加されている。なお、ショッピング機能は附加されていない。


ETC(イーテック、Electronic Toll Collection System、エレクトロニック・トール・コレクション・システム)は、国土交通省が推進する高度道路交通システムの一種、ノンストップ自動料金収受システム。日本では多くの場合イーティーシーと呼ばれ、定着している。

有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるシステムで、主に無線通信を利用して車両と料金所のシステムが必要な情報を交換し、料金の収受を行う。「ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。

■家族カード補足


従来は会員本人(本会員)のカードを家族が利用して、後に家庭内で請求上のトラブルや盗難・偽造カードの不正使用が多発した時期でもあった為、1998年5月より業界団体(JCCIAなど)の主導で、

・家族で有っても他人名義のカードは使えない。

・裏面にサインが無い、あるいは利用票とカード裏面のサインが異なる場合は取り扱えない。

・カード利用時に(カード会社へ)電話で本人確認をする事がある。

以上の事をカード会社・加盟店・会員へ徹底を促したため、「会員の家族が会員本人のカードを使う機会が有る場合は家族カードへの入会を勧めます」と、パンフレットや会員誌で周知するカード会社もある。
家族カードでの利用分は普通、本会員利用分と合算して本会員宛へ利用明細書が送付され、支払も本会員と合算されて口座から引き落とされたりするが、これとは別に「パーソナルアカウント」という家族カードでは、本会員が支払う家族カードとは別に、その家族会員個人の口座から引き落とされるカードが発行される。そのカードでの利用分は本会員とは別の、家族会員本人宛の明細書が発行される。これによって、用途に合わせて使い併せる事が出来る。
この「パーソナルアカウント」部分で本会員同等の入会審査が家族会員に伴う。(入会条件として家族会員本人も定職に就いて安定した収入を得ている事が必要)。また、「パーソナルアカウント」は未だ少数のカード会社しか導入していない。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。